HOLE1

距離があり、フラットなミドルホール。ティショットでは飛距離より、2打目の打ちやすさを考えて落とそう。

GREEN.

受けグリーンでピンポジションがどこであってもピン奥にはつけないこと。サイド及びピン奥は微妙な変化をするので要注意。

SEC.

広々とし、グリーン面も良く見える。左側はトラブルになりやすいので、グリーン右手前が狙い目。また、奥もないので、ショットのブレは禁物。

TEE.

コースそのものがフラットで簡単そうに見えるが、パーオンは難しい。右側は山で受けている。左はトラブルが多いので右目狙いで。   

ホール写真
グリーン
ホール